DM navi

売上にも繋がるダイレクトメールは上手に発送しよう

届く人の気持ちと宣伝したい人の気持ち

人の心に印象的に残ったものは、商品としての売上も上がるといわれています。このためにダイレクトメールを使って宣伝する企業が多いのですが、宣伝を受け取る側は無意識に受け取っていますので、よく考えて宣伝を打つ必要があるのです。

宣伝するために利用されるツールの数々

新聞に打つ広告

30代以上の人は新聞を読むことも多くなるので、少し年齢層が高い人をターゲットにしたサービスや製品を宣伝するなら新聞広告を利用するという企業が多いです。広告料が大変高くなりますが、宣伝効果が昔から高い方法となっています。

周囲からの口コミ

宣伝やインターネットからの情報だけでは、信頼性という点では不安なところがあると考える人もいます。そういった人は周囲からの口コミを頼りにして製品選びを行なっていると言われています。身近な人なら詳細も聞きやすいからです。

ダイレクトメール

企業から送られてくるダイレクトメールを便利に使っている人もいます。会員制のところであればこういったダイレクトメールでの直接のやり取りが親密感を生むのです。企業が送る際はターゲット層をよく考えることが大事です。

折込チラシ

新聞に挟まれる折込チラシはターゲット層を狭め、重点的に宣伝ができるという点が企業にも注目されています。スーパーマーケットであれば近隣の住民に配れますし、宣伝費もそれほどかける必要がなくなるので良い方法です。

テレビコマーシャル

広い地域に宣伝をしたいのであればテレビ広告も良い方法です。番組内で紹介されると売上が伸びるので、機会があれば取材を受けましょう。テレビコマーシャルを打ち出すなら、費用がかなりかかってくるため、企業内でも議論が必要です。

【PR】
ダイレクトメール発送を業者に依頼。
支援サービスが充実☆ のぼりの製作をプロに頼む創業44年のスタッフにお任せ!

深く理解すれば役立ちます

はがき

身近なダイレクトメール

自宅にダイレクトメールが送られてきたことがないという人はいないはずです。そのため、宣伝方法としてはチラシなどに次ぎ身近に感じている人も多いでしょう。
もし広告を考えているのであれば、ダイレクトメールについてよく考えてみましょう。意外と知らなかった真実が見えてくるかもしれません。

通販の会社以外でもよく使われています

ダイレクトメールといえば通販会社が利用するものであると考えている人は多く、広告の担当者でもあまり利用していないという人が多いです。しかし、調べてみると多くの分野でダイレクトメールは使われています。
・住宅メーカー
・エステサロンや美容機器販売
・法律関係
・デンタルクリニック
ここにあげた分野以外でもよく使われているので、その利便性について理解しておきましょう。

ただ送るのでは効率が悪い

ダイレクトメールの利便性が高く、多くの企業で使われていることから、宣伝に利用してみようと会社で決定した後、注意したいのがターゲット層や発送のノウハウを知らない内に始めてしまうことです。
それだととても効率が悪いので、発送を請け負ってくれる業者にノウハウを伝授してもらいましょう。

専門家が教える事前準備

ダイレクトメールをまず送ってみることも良いですが、
「効果があったのか」「今後はどのように戦略を変えていくか」
などを検討する必要があります。どのように検討すれば良いのか分からない場合にダイレクトメール発送業者に調査やマーケティングを依頼するのです。
事前準備では送付先を入手することも必要ですし、文面も考えなければなりません。全て発送業者に相談しながら決めるとスムーズです。

玄人も素人も聞いておきたいDMの質問

追跡調査などもやってもらえるのでしょうか

ダイレクトメールをただ発送するだけでなく、追跡調査をしてコストやマーケティングの検討を提供するのもダイレクトメール発送業者の仕事です。追跡調査をしてもらえば、営業からの電話をかけてそれが契約に結びつきやすくなります。

送付先はどこから手に入れれば良いですか

何かのイベントの際にアンケートをとってもらったなら、そこに住所を残してもらえるかもしれません。基本的にはこういった自社で入手した住所や顧客のリストを活用します。業者に頼んでコールドリストを購入する方法もあります。

小さな企業しかDMを使っていないのでは?

実はダイレクトメールは有名企業も活用している宣伝方法なのです。最近はインターネット広告もとても安く利用できるので企業も注目していますが、宣伝が上手な企業はオフラインとオンラインの良さを活かして利用しています。

具体的な宣伝効果とはなんですか?

情報を埋もれさせることがないという点がダイレクトメールの宣伝効果となっています。大量のメールやインターネット情報を処理するのが大変というターゲット層には、直接手紙で届く方法の方が印象を強く残すことができるのです。

はがきや封書を発送するのが大変です

はがきや封書はできるだけ綺麗な状態で送付先に届けなければいけません。保管する場所を確保するのも、回収や送付の手間も大変だと感じるなら、ダイレクトメールの発送を請け負ってくれる業者に頼むのも一つの手だといえます。